中学受験のために週2回家庭教師の先生に苦手科目を教えて貰っていた大山(仮名)さんの体験談

義両親の教育方針で中学受験をすることになりました。私は中学受験の経験はなく、主人は受験はしたことはあるけど落ちたということで、義両親は娘に期待をしていました。娘自身もオープンスクールに行ったり、友達が受験をするということで抵抗はなく受験勉強をしていました。受験勉強を始めた頃は塾に通っていたのですが、苦手科目が伸び悩んでいる日々が続きました。このままでは、受験で苦手科目が足を引っ張ってしまうと思ったので、小6になった時に塾をやめて家庭教師を利用することにしました。一応全科目をお願いしましたが、特に苦手科目メインで教えてもらいました。娘が苦手意識を持っているということで、楽しみながら勉強できるように授業をしてくれていたようです。少しずつ成績も上がり、他の科目と変わらないくらいの成績を取ることができるようになっていました。中学受験を通して勉強をする楽しみを見つけたようです。無事合格をして、中学に入学した今も家庭教師の先生に週一で教えてもらっています。