その時の自分の学力を知るために進学塾に通う事にした池田(仮名)さんの体験談

うちの子はそれほど勉強ができる子ではありませんが、最近の公立学校の教育を目の当たりのすると中学受験を考えざるを得ないと思うようになりました。うちの子は男の子ですし、将来のことも真剣に考えてあげなくてはなりません。なるようになる、といった行き当たりばったりにするわけにはいかないのです。うちのこの場合、中学受験に向けての受験勉強は4年生の時から行いました。まずは進学塾に通わせることで、子供の学力を細かく把握するように努めたのです。中学受験では、やはり進学塾はなくてはならないものだと考えています。小学生の履修範囲を大きく上回った問題が出題されますから、そのための基礎学力をつける必要があるのです。うちの子が入塾した当初は偏差値も低く、受験など考えるレベルではありませんでした。しかし、4年生の頃から塾に通わせることで、少なからず学力はアップしたように思います。中学受験は通過点に過ぎませんが、合格を勝ち取って欲しいと思います。