中学受験の学習塾にかける費用ってどのくらい?

中学受験のための学習塾は、全国展開している大手として、SAPIX、日能研、四谷大塚などが知られています。それらの大手の塾は、小学校低学年から段階的に勉強するクセをつけさせ、中学受験から逆算した4年生から6年まで3年間でのカリキュラムを組むことが多いようです。
費用に関してですが、4年生からの本格的な授業について言えば、4、5、6年と学年が上がるごとに授業時間の増加とともに高くなっていきます。授業料は、4年生で月額1〜2万円程度、5年生で3〜4万円、6年生で4〜5万円となります。そのほかに、テキスト代(前後期1回ずつ)、テスト代(月1〜2回、高学年になるほど増加)、冷暖房費などがかかります。また、春休み、夏休み、冬休みの講習は別途授業料がかかります。春期、冬期講習は10万円以内が多く、夏期講習は5年生で10〜15万円、6年生で15〜20万円ほどかかります。そのほかに、電車やバスを使って通学する場合には交通費もかかります。ただし、兄弟がいる場合には、兄弟割引の制度を作っている学習塾もあります。
トータルの費用は、4年生から中学受験のための学習塾に通い始めた場合、3年間で250万〜300万円ほどかかることになります。また、4年生まで自宅学習を選択し、5年生から学習塾に通い始めた場合は200万〜250万円になります。
ただし、前記した学習塾以外にも、個人指導塾や、全国展開していない地域の塾、また、有名中学に特化した学習塾などがあります。算数、国語、社会、理科の4教科授業ではなく、算数、国語2教科だけの選択が可能な場合は、費用は安くなります。