中学受験のデメリット

中学受験を希望する方は、色々なメリットを考えて選ばれるのでしょうが、正直メリットばかりではありません。
塾の先生の間でも良く言われる事ですが、デメリットの方が多い場合もあります。
塾での勉強は、受験に合格するためのものです。合格に必要な知識を、与えられるだけ与えます。お子さんは、受け身の勉強になるのです。
与えられたものをひたすら覚え理解する、そこに自分で考える力を養う余裕はありません。
中学に入ってからは、高校受験が無い場合がほとんどなので、勉強が疎かになりがちです。
大学へ行ってから、そして社会に出てから求められるのは、自分で考える力です。それが養われず卒業してしまうと、躓いたり壁にぶつかった時、自分で対処出来なくなります。
その点スポーツなどやっていると、ピンチの打開や対人関係の改善など、自分で対処法を考えます。家庭と学校や塾だけでは得られない、将来に大切なスキルを、自ずと身につける事が出来るのなら、中学受験しない事の大きなメリットと言えるでしょう。
良い中学へ行く事のデメリットも、よく考える必要があると思います。